処女膜再生すれば初心に戻れる【コンプレックスを解消できる】

料金を知る

診断

処女膜再生手術には、大きく分けて二種類あります。どちらも手術の内容も料金も違いますので、自分が行ないたい手術はどちらなのか判断しないといけません。しかし、人によってはできるだけ安い料金で処女膜再生手術を受けたいと思っている人もいます。そういった人は、プチ手術と呼ばれている方法を選択してみてはどうでしょうか?この手術は、幾つか条件はありますが、処女膜再生手術の中でも気軽に受けられて安い料金の手術になります。手術内容は、処女膜となるヒダを寄せ集めて凄く細い糸で縫います。そうすることで、性交を行なった時に糸が切れて出血する仕組みになっていますので、処女膜が破れたという印象を相手に与えられます。手術時間に関しては、局所麻酔を行なって効いてきたら5分ほどで終わります。シャワーも当日からOKです。ですが、性交は手術から一週間以内にしないと出血しない可能性が高いので注意しましょう。料金は、相場で13万円と言われています。

もう一つの処女膜再生手術は、縫合手術です。これは、手術用の糸で処女膜のヒダを縫い合わせる方法とレーザーを用いてヒダ部分を癒着させてから縫合するという方法があります。糸で縫い合わせる方法は、相場で19万円ほどだと言われています。手術自体は、15分ほどで終わりますし、入院する必要はありませんが、入浴は一週間後からですし、性交は手術から一カ月ぐらい控えないといけません。ですが、手術を受けてから初めて性交するまで処女膜は持続します。レーザーを用いた手術に関しても、糸で縫合するのと同じですが、料金が21万円という若干高めになります。どれが自分に合っているのかは、医師に相談して決めるのがいいでしょう。